夏の記憶

十数年前の7月26日のこと。夜中から朝方にかけて発熱、そして頭が割れそうなほど痛く意識を失いかけて私は救急搬送されました。 その年は梅雨も明けていて、真夏の暑い日。運ばれながら、外に出ると太陽が眩しかったことをうっすら覚…