読書の夏

投稿日:

読書の秋・・・ではなく夏。

外は灼熱。自由に出かけることもむつかしい今、クーラーの効いた涼しい部屋でアイスコーヒーを片手にずっと本でも読んで過ごしていたい・・・

そんな気分です。

仕事に家事に子供たちのこと。日々の中で、アイスコーヒー片手にゆっくりと読書という訳には行かず、夜は子どもと一緒に寝落ちしていまい、これまた自分時間を持てず・・(これは寝てしまう自分が悪い。笑)

そんなわけで私の読書はなかなか進まないのですが、本を読むことは大好きです。

その時の気分で、物語であったり、実用書であったり様々に選びます。

今読んでいるのは、尊敬する松浦弥太郎さんの”松浦弥太郎の仕事術”という本。

これは、夫の本で、家の本棚に並んでいたので借りてみました。(ちなみにこの本は、まだ弥太郎さんが暮らしの手帖の編集長をなさっている時に書かれた、少し前の本ですが内容は今に響くものばかり)

フリーランスとして働く今、ある程度の社会人の経験はあるものの初めてのことも多く壁にぶつかることも増えてきました。

夫婦で仕事をしている分、いろんなことが共有できる反面、煮詰まるとどうしてもそれに捕らわれてしまって向け出すことに苦労することがあります。

そんな時に本棚から見つけた一冊は、ポジティブで厳しくて、ぐるぐると同じことを悩んでいる自分の心に響きます。

その言葉たちは、いかに自分のものに出来るかが肝なのでしょう。

毎日自分をアップデート出来るように、弥太郎さんのように進みたいものです。

また、夏の間に読んだ本をご紹介しますね。