非日常から日常へ

投稿日:

先日北海道から福岡へ戻って来ました。

行けるかどうか、ぎりぎりまで悩んだ今回の出張。普段と違い緊張感のある旅でしたが、無事に終えることが出来てホッとしています。

温かく迎えてくださった北海道の皆さま、本当に有難うございました。

北海道へは年に2回程、仕事を兼ねて帰省しています。

移動してみて毎回思うけれど、やっぱり九州から北海道は遠い!笑 移動に丸一日かかります。

そして、幼子2人連れての遠出はものすっごく大変…

それでもこうして家族で旅に出るのは、家族で過ごすいろんな時を大切にしたいから。

わが家の子どもたちは普段保育園に行っています。特に下の子は10ヶ月の時から園にお世話になっているし、2人とも保育園や先生方お友達が大好き。

そのおかげで私たちも仕事が出来ているし、生活が成り立ちます。

でも時々ふと、とっても可愛い時期にずっと一緒に居れないのは勿体ないのではないか、と思うのです。

まわりの方の子育ての話を聞けば、母親として、これでいいのか迷うこともあります。

だからこそ、こうして時折たっぷりと一緒に居れる時間を取って、日常とは違う空気に触れ、いろんな体験を一緒にしたい。

旅をすると、子どもの成長に驚きます。上の娘は抱っこしてと言わずに沢山の距離を自分の荷物を持って歩くことが出来るようになったし、弟のこともよく見ている。息子はいろんな乗り物の名前を言えるようになった。

普段気付かないことにも目がいくので、私も嬉しい発見がいっぱい。

旅を終え、日常に戻る時に、また子どもと一緒にここから頑張ろうと前向きに思えるのです。

もっと自由に遠くへ皆で行ける日がますます待ち遠しくなりました。