服のチカラ

投稿日:

 

 

4歳の娘が通う園は制服登園。

そしてお家へ帰って来たらシャツとパンツの動きやすい格好に着替える、というのが通常のルーティンであった。それも随分と前のことのように感じる程、時が経ったなぁと思う。

自粛生活が始まってからは、当たり前だけれど子供たちも毎日私服。動きやすさやその日の気温を重視した私のコーディネートを無視し、ワンピースがいい!とかスカートがいい!自分で決めたい!と言うので、特に誰とも会わずに過ごす毎日なので娘に選ばせている。
私には想像もつかないコーディネートはヘンテコ過ぎるけど、自分で着たいものを選んで着ている娘は上機嫌!そんな娘を見ていると、洋服ってすごいパワーを持っているのだなということに改めて気付かされる。

身に付けるだけで気分が上がるんだもんね。それだけでモチベーションがぐっと上がる。嬉しいって素直に思える。

今日はこの服を着たい気分、こんな格好をするとなりたい自分に近づくかも!とか、ファッション誌を見てワクワクするあの気持ちは今の生活では忘れてしまいがちだけれど、自分をしあわせにしてあげられる大切な要素だと思う。

衣食住の中にもあるから生活必需品ではある。しかし洋服以上に今はもっともっと必要なものが多いのも事実。

だけど忘れずに居たいのはこの服を着ていると自分らしくいられて好きだなと感じる心。

自分の意思で考え選んだ洋服には、なんとなくで着ている洋服では感じる事ができない心の高まりや自信を与えてくれると思う。さらに安心感や気持ちの安定という、自分を保つ基盤にすらなり得るのではないかと。

 

服が大好きだな。
さて、明日はなにを着ようかな!