私たちが暮らす日本で作る服

投稿日:

middleを作ってもらう縫製工場を探すのには、とても時間がかかりました。日本国内には沢山の縫製工場があり、自分たちの企画を形にしてもらうにはどの工場が良いか悩みに悩んで、なかなか決める事ができませんでした。この工場に作ってもらいたいと思っていても、実績のない私たちの依頼を受けてくれなかったり、また最低ロットがとんでもない数量で、条件面が合わずに流れる事などが何度もありました。根気良く探し続け、ようやく出会う事ができた「middle」を作ってくれている工場。商品が出来上がった今となっては、これも工場と私たちの間にも縁があったのだと、つくづく思うのです。

 

middleは全アイテムを日本国内で生産しています。

全国津々浦々の工場で、その土地に根付いたアイテムを作ってもらっています。日本で作ることにこだわる理由は、安心感があるからに他なりません。また自分たちの意見をしっかりと伝える事ができ、それを自分たちの目で確認できることも重要だと思っています。

今は海外生産のものでも、どんどん技術が向上し日本製のブランド力が失われつつあります。しかし真面目な日本人の気質はどこにも負けない物作りができると信じています。そして私たちが暮らす日本に誇りを持っています。意見をぶつけ合い、話し合い、ともに服が出来上がるまでを歩んでいけたのは、決して諦めずに私達の求める物を作ってくれた職人さん達のお陰だと思います。本当に細かい要求まで受け止めてくれた職人さんには、いくら感謝しても足りないほどです。

 

日本で生まれ暮らす私たちが出来る事

アパレルの国内生産比率は3%を切っていると、以前ニュースで見て衝撃を受けました。このままではどんどん工場は減り衰退していくといわれている。おそらくアパレル以外の分野でもその傾向は強いのかもしれません。先人が作り上げたMADE IN JAPANの信頼や品質を守っていくことは、今日本で生きる私たちの大きな課題なのかもしれません。

まだまだ小さいmiddleだけど、少しでも貢献していけたらと思っております。